保険lab

事故に遭った場合

事故処理を行なう

説明する男性会社員

自転車を利用していて、もし事故に合った場合にはどんな場合であれ、まずは警察へ連絡を取ることが大切です。自身は自転車によって相手に傷を負わせてしまった場合に、警察に連絡を入れなければ、道路交通法違反になってしまいます。ひき逃げになってしまい、刑事処分を受ける事になってしまう事もあるため、適切な対応を行なうことが大切です。また、自身が被害に合った場合には、相手から警察への届けを出さないようお願いをされても、しっかりと連絡を取るようにしましょう。怪我などの被害に合った場合に、加害者からの賠償を受ける権利があり、事故処理を行わなければ自賠責保険が下りないということにもなりますので、事故の際にはまず警察に連絡を入れましょう。

示談を保険会社が行なう

警察への連絡対応が終わったら、次に自分が加入している保険会社へ連絡を取りましょう。保険会社へは、その場で連絡をしなくても、自宅に戻って一度、落ち着いてから連絡を入れる事も出来ます。正しく連絡を行なえる状態で連絡を入れることでスムーズに進めることが出来ます。保険会社に入っていると、事故に関する手続きや問題にも対応してもらうことが出来ます。自転車によるとトラブルは多く、正しい認識を行わなければなりません。まず自転車は自動車と同じ扱いでトラブル処理を行なうので、自転車事故において、多くのトラブルが発生した場合には、保険に加入しているかどうかが、トラブル解決に大きな影響を与えます。保険に入っていない場合は、示談の話し合いや交渉を自身で行ない、支払いを行うことになるからです。保険に加入している事で、適切な対応を行っても貰うことができ、示談から支払いまで、全てを行ってもらうことが出来るのです。保険に入るメリットとして、事故などのトラブルに巻き込まれた際には、適切なサポートを受けることが出来ます。そのため、自転車を利用する際には保険に加入するようにしましょう。